中華料理店の開業

中華料理店開業のポイント

ラーメン・中華店は、なんといっても味と立地が需要になります。
無愛想でも味がよければ売れたりするので、接客が苦手だけど料理が好きという人でも、可能性がある分野といえるでしょう。
おいしい味さえ出すことができれば人気は出ます。

 
中華料理店の場合、必要な開業資金は1,000万円~2,000万円程度が中心だといわれています。
ラーメンと、少ないサイドメニューで勝負する場合、回転率が早いため、カウンターだけの店でも十分に経営は成り立ちます。内装がシンプルでも大丈夫です。
そういう意味では、初期投資の資金は少なめで済みます。厨房の調理器具さえそろえられればいいわけです。個人でも十分に始められる分野といえるでしょう。
また、ご主人さんが料理をし、奥さんが接客と洗い物を担当する中華料理店も多いです。
こうした分業により、夫婦で効率よく進めることができます。

 

中華料理店経営成功の戦略

【価格】 コンビニやファーストフード店を意識した価格設定

一般消費者を相手とした場合、お弁当の魅力は、手ごろな値段をベースに、持ち運びできる携帯性、作り立ての美味しさ、健康に配慮された献立、スピーディーな提供、などが考えられます。
中でもそのベースとなる価格は、コンビニやファーストフード店を始めとした外食店とも比較される為、近隣エリアの十分な市場調査が必要となります。

 

【商品】 飽きのこない豊富なメニュー

大手弁当チェーンは、原材料費の抑制と店内調理の簡便化を図るため、定番メニューを始めとしたメニュー構成が同質化しがちです。
 

【場所・流通】 宅配サービス・屋台Deliの登場

共働き世帯や高齢者層を中心に重要のある宅配サービスや、オフィス街のランチ向け屋台Deliが好評を博しています。
 

【販促】 法人や施設との契約で、販路を広げる

法人契約のみで年商50億円を超える業界の雄、「コロンブスの玉子」のように、大口顧客をつかむことで販路の拡大と売り上げの安定化を図ることができます。
 

【利益】 価格と利益のコントロール

利益をしっかり確保するには、販売価格と利益を設定した上で、その利益が確保できるような仕入れを行うことです。
または、仕入先を決めた上で、仕入原価に一定の利益を加えて価格設定を行う方法もあります。

 

中華料理店の開業シミュレーション

損益計算表(P/L)は一定期間(事業年度=1年間)にいくら儲かったかを教えてくれます。
経営上は、コストを抑えいかに経常利益を増やしていくかが重要となります。

変動費(原価)
原価率31.3%
売上高
固定費
(人件費、家賃、その他経費など)
人件費対売上高比率35.9%
売上総利益
(粗利益)

売上高総利益率68.7%
経常利益
売上高経常利益率2.3%
(引用:上記比率は中小企業リサーチセンター「小企業の経営指標2010」の「黒字かつ自己資本プラス企業」の数値を抜粋)

 

優良中華料理店の経営指標 (営業利益率2.6%)

 【収益性】
  ・原価率31.3%
  ・人件費対売上高比率35.9%
  ・売上高営業利益率2.6%
  ・売上高経常利益率2.3%
 
 【生産性】

  ・従業者一人あたり売上高:1,319.3万円
  ・従業者一人あたり人件費:460.5万円
 
 【安全性】

  ・自己資本比率:16.8%
(引用:上記比率は中小企業リサーチセンター「小企業の経営指標2010」の「黒字かつ自己資本プラス企業」の数値を抜粋。)
 

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりは無料です!

BtnTop09.jpg

 
TOP 料金表   ●会社案内 スタッフ紹介 アクセス

Copyright (C) 2015 税理士法人イデアコンサルティング All right reserved.

 

運営ホームページ一覧

税理士法人イデアコンサルティング恵比寿 広尾あんしん相続渋谷区 恵比寿 記帳・経理代行サービス恵比寿税務調査相談室恵比寿 飲食店経営サポート

 

運営:税理士法人イデアコンサルティング
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1丁目3番1号 HAGIWARA BLDG.3F >>アクセスマップ
TEL:03-5793-4511/FAX:03-5793-4512

http://www.ideaconsulting.tokyo/mt/mt-aa.cgi